診療案内

整形外科について

整形外科は運動器疾患を主に取り扱う診療科です。四肢(上肢、下肢)と脊椎(頚部、背部、腰部、臀部)が主な治療部位であり、骨(四肢骨、脊椎)、関節、筋腱、靭帯、神経などが主な治療臓器となります。また、整形外科は必要に応じ手術治療を行う診療科ですが、一方で手術以外の治療法も行っています。薬物療法(飲み薬、貼り薬、注射)やリハビリテーション、装具治療などです。これらの手術以外の治療法を総称して保存治療と言います。また、リハビリテーションの中には電気治療や牽引治療などの物理療法と理学療法士と共に歩行訓練や関節を動かす訓練を行う理学療法があります。これらの保存治療により多くの運動器疾患は手術を行わなくとも自然治癒や症状の緩和が期待できます。
整形外科について
当院でも薬物療法、リハビリテーション、装具治療などの保存治療をまず行います。保存治療で症状が改善しない場合に手術治療を検討します。簡単な日帰り手術は当院でも対応いたしますが、入院が必要な手術の場合は各専門病院へ紹介いたします。整形外科で取り扱う運動器疾患と言えば、まず骨折や脱臼などの外傷が挙げられます。外傷の中にはそれ以外にも打撲や捻挫、肉離れ(筋損傷)などがあり、それらの外傷のほとんどが当院で治療可能です。もちろん、簡単な皮膚の切り傷や擦り傷にも対応いたします。外傷以外にも四肢や脊椎に何らかの症状が生じる場合があります。例えば痛みやしびれなどの感覚障害や腕が挙がらない、膝が曲がらないなどの運動障害で、これらの多くは運動器疾患です。挫いたり、打撲したりなどの外傷がなくても以下のような症状が生じた場合は、是非お気軽にご相談下さい。

頚肩の痛み

これらの痛みは”肩が痛い”と同じ言葉で表現されることが多いですが、大きく分けると頚(くび)からくる肩痛と肩関節からくる肩痛があります。
頚由来の肩痛は頸部から肩甲骨にかけての痛みであることが多く、頚部の運動で疼痛を誘発します。肩関節周囲に疼痛が出現する場合はいわゆる神経痛を合併する場合で、その場合は頸椎症性神経根症や頸椎椎間板ヘルニアなどを疑います。薬物療法や物理療法(電気治療や牽引治療など)で症状の緩和が可能です。肩関節由来の痛みは肩関節周囲に生じることがほとんどです。肩の運動時痛と運動制限を伴う場合が多く、ときに夜間就寝中に痛みを自覚することがあります。代表的な疾患として、肩石灰沈着性腱板炎(激痛、夜間痛を伴う)、肩関節周囲炎(五十肩)、肩腱板断裂などがあります。とくに肩腱板断裂は外傷がなくとも、加齢ととも腱が変性断裂する場合があります。五十肩と間違えられる場合が多いので注意が必要です。薬物療法や物理療法に理学療法を追加して症状の改善が期待しますが、腱板断裂の中には手術が必要になる場合もあります。
また、いわゆる肩こりという症状があります。肩こりを訴える患者様は痛いというよりは、重いだるいと表現される方が多いようです。姿勢異常(猫背やなで肩)を有する方が多く、薬物療法や物理療法に加えて姿勢指導などが必要です。

上肢(肘、手)の痛み

肘や手などの上肢は下肢に比べると腱の炎症による痛みを生じやすい部位です。テニス肘(上腕骨外側上顆炎)や腱鞘炎などです。またTFCC(三角線維軟骨複合体)損傷などのような特徴的な靭帯損傷による手関節の痛みもあります。また下肢と同じく、変形性関節症(肘関節、手指など)による関節痛も生じます。まずは薬物療法や装具治療(サポーターなど)を行います。腱鞘炎は比較的馴染みのある病名ですが、意外に慢性化、難治化するケースがあります。腱鞘炎が悪化すると指の引っかかり感を合併することがあります。いわゆるバネ指と言われる状態で、手術により引っかかりを除去する場合があります。

上肢のしびれ

痛みだけではなく、しびれもさまざまな疾患によって生じる重要な症状(サイン)です。しびれは神経の障害によって生じます。神経の障害の中でも、神経が周囲の組織(骨や靭帯組織)から圧迫を受けて障害される疾患があります。そのような神経の圧迫が頚部で生じたり(椎間板ヘルニアや頚椎症性神経根症)、上肢の神経の走行路の範囲で生じたり(肘部管症候群、手根管症候群)することがあり、整形外科での治療対象となります。薬物療法や物理療法で症状の改善を期待しますが、肘部管症候群や手根管症候群などでは手術が必要になる場合があります。

腰の痛み

年齢、性別問わずに腰痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか?腰痛の原因はさまざまです。若年者ではスポーツによる疲労骨折や椎間板ヘルニア、若年者では急性腰痛症や椎間板ヘルニア、高齢者では脊柱管狭窄症や椎体骨折などが代表的な疾患です。時に股関節疾患により腰痛を自覚する場合もあります。各疾患に応じた治療を行っていきますが薬物療法や物理療法、装具療法などが中心となります、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などでは下肢のしびれや痛み(いわゆる神経痛)を合併する場合もあります。その場合は神経ブロックなどの注射療法を行うこともあります。

股関節の痛み

股関節は起立や歩行などで体重の数倍の負荷がかかると言われています。股関節疾患による痛みのためも歩行困難になると日常生活に大きな支障を生じます。代表的な股関節疾患には変形股関節症や大腿骨頭壊死症などがあります。しかし先に述べたようにこれらの疾患の中に腰痛や、膝痛が初期の症状の場合があり注意が必要です。股関節疾患には手術が必要な場合もありますが、薬物療法や理学療法に加え日常生活指導(体重減少は杖の使用)などを行うことにより、症状と上手に付き合えるようになることもあります。

膝関節の痛み

膝の痛みを抱える患者様も多いのはないでしょうか?膝関節の痛みも歩行困難につながりますので日常生活に大きな支障を生じます。膝関節疾患の中では変形性膝関節症が多くを占めますが、他にも外傷の既往なく半月板損傷を発症する場合や、骨壊死も生じることがあります。膝関節は変形性膝関節症に限り通常の薬物療法に加えてヒアルロン酸の関節内注射が保険適応できます。その他、理学療法や足底板(靴の中敷き)などの装具療法も行います。

足関節、足部の痛み

膝関節ほど多くはありませんが、足関節にも変形性関節症を生じる場合があります。また足部の痛みを生じる代表的な疾患は外反母趾や足底腱膜炎などがあります。これらは薬物療法や物理療法に加えて、靴の調節や足底板(靴の中敷き)などの装具療法を行います。また足部は痛風により関節炎の好発部位です。明らかな腫脹を伴う足部の痛みでは痛風の可能性を考えて検査することが必要です。

スポーツと運動器疾患

スポーツに伴う運動器疾患には、大きく”スポーツ外傷”と”スポーツ障害”に分けられます。スポーツ外傷とは一回の受傷で生じるもので骨折や打撲、捻挫などがあります。一方、スポーツ障害は繰り返しの運動で生じるものでボールの投げ過ぎで生じる野球肘障害などが有名です。スポーツ外傷の場合は初期治療として外固定(ギプスシーネ)や薬物療法、アイシングなどを行います。その後リハビリテーションを行います。スポーツ障害の場合はまずは運動を休止し患部を安静にしますが、同時にリハビリテーションによる身体コンディションのチェックが必要です。なぜなら身体の柔軟性が低下している人の方がスポーツ障害を生じやすいからです。当院では骨折などのスポーツ外傷だけでなく、スポーツ障害に対しても治療してまいります。身体の痛みでスポーツに支障のある方の復帰を理学療法などを駆使してお手伝いできればと思います。

リハビリテーション

リハビリテーション科では、器械を用いて身体の痛みやしびれ等の症状を緩和させたり、理学療法士の施術により固くなった関節等の機能改善や運動機能の改善、身体コンディションの改善を図って参ります。また、手術後の機能回復にリハビリテーションはとても重要です。
当院では、来院された患者様の状態や経過に応じて適切なリハビリテーションを提供して参ります。

骨粗しょう症

骨粗しょう症の診断には骨密度測定が必須であり、当院でも最新の骨密度測定器を準備しております。骨粗しょう症の治療は薬物療法が基本です。現在はさまざまな骨粗しょう症の治療薬が開発されており、実際に骨密度の増加や骨折の減少につながっております。骨粗しょう症は出来る限り治療したほうが良い疾患です。検診などで骨密度の低下を指摘された場合は要注意ですので、是非ご相談下さい。

関節リウマチ

関節リウマチは自己免疫疾患の1つです。関節が特異的に破壊されていきます。放置すると関節の破壊、変形が進行しますので、日常生活に極めて支障を生じます。現在は多くの効果的な薬剤が開発され、早期治療が上手くいけば無症状に近い状態まで改善が期待できるようになりました。早期診断、早期治療開始が望ましい疾患です。関節リウマチにはいくつかの特徴的な症状があります。朝の手のこわばり、複数の部位の関節痛などです。心当たりがあれば早めの受診をおすすめいたします。

主な初期症状

□関節の痛みや腫れ
□手など関節がこわばる(特に朝)
□指などに違和感がある
□貧血や微熱で常にだるい
□膝に水がたまる